業務案内-リフレクティックス

リフレクティックスとは

リフレクティックスとは

リフレクティックスは、宇宙産業の反射絶縁材料を地球環境に応用させた「遮熱材」です。
アメリカインディアナ州に位置するリフレクティックス社が持つ「反射技術」によって、輻射熱の反射率99%を実現。
この高い遮熱性能を持つリフレクティックスは、暑い夏と寒い冬を快適に過ごすことに寄与する環境に優しい材料です。
たった8㎜の遮熱材リフレクティックスが今までの断熱の常識を覆し、冷暖房コストとエネルギーの節約に大きく貢献します。

遮熱と断熱の違い


遮熱と断熱はそれぞれの役割が異なります。
遮熱と断熱の違い

施工事例

サーモセンサー温度測定


サーモセンサー温度測定

夏の暑さ / 冬の寒さ対策

リフレクティックスは「夏涼しく、冬暖かい温熱環境」を実現します。
所定の遮熱工法によって建物の内外の温熱環境を絶縁し、 外の熱の影響を受けにくく、室内の熱を逃しにくくしますので、冷房と暖房の両方で効果が上がります。
年間空調費を50%以上削減できるケースも多く、最大エネルギー削減率は89%と、省エネ効果の高い工法です。
また月々のランニングコストを下げるだけでなく、 新築の場合は初期の冷暖房設備の台数を減らすことができ、イニシャルコストも大幅に削減することが可能です。

暑さ寒さ対策

結露・カビ対策

結露発生のメカニズム
空気中には目に見えない水蒸気が含まれています。
空気は高い温度の時ほど多く水蒸気を含むことができ、それぞれの温度で最大限含みうる水蒸気の量を「飽和水蒸気量」といいます。
暖かい水蒸気をいっぱい含んだ空気が冷やされ、「飽和水蒸気量」を超えると余計な水蒸気が水に変わります。
これが結露の発生する仕組みで、乾いたグラスにビールを注いだ瞬間に水滴が付着するのも同じ現象です。

リフレクティックスで施工することで、水蒸気の流入を防ぎ、建物内外の温度差を絶縁することで、結露が起こりにくくなり、カビの発生を防ぎます。

〈リフレクティックスの働き〉

  • 透湿性を持たないため、外部の水蒸気の流入を防ぐ
  • 両面アルミ箔が内外の空気温度に同調し、建物内外の温度差を絶縁
  • 赤外線反射層(壁体内)の温度が高く、壁体内で低温空間が発生しにくい
結露・カビ対策

省エネCO₂削減

エアコンの使用度が減り省エネ、節電に効果的です。
「夏は涼しく」「冬は暖かい」空間を常に保てれば、部屋のエアコンの稼働率も下がります。
リフレクティックスは、コストだけでなく、省エネ・節電・CO₂削減にも効果があります。

省エネCO₂削減